100枚も自画像を描いた?レンブラントの自画像を紹介します!

こんにちは!

今回は、レンブラントの自画像についてです!

早速見ていきましょう!

レンブラントの自画像

レンブラントは、約40年間で、約50点の絵画、32点のエッチング、7点のドローイングを含む100枚の自画像を描きました。

これほどまでに自画像を描いた画家は、後にも先にも彼しかいません。

そもそもレンブラントが生きた時代は、好きな絵を描いて欲しい人が買うというスタイルではなく、依頼された絵を描くことが主流でした。

通常、画家の自画像が欲しい人なんていないので、こんなに描くことはありません。

レンブラントがナルシストだったというよりも、構図や表情の描き方など、絵の研究のため、モデルを使うとお金がかかるので、自分の顔を描いていたのだと考えられています。

さらに、肖像画家として有名になったレンブラントの自画像を欲しがる人もいました。

20代

《自画像》1628年頃

《笑うレンブラント》1628年

若々しい自画像

《自画像》1629年

《自画像》1629年頃

《自画像》1629年頃

《自画像》1629年

《自画像》1630年

《若い男としての自画像》1630-1631年

《オリエンタル衣装の自画像》1631年頃

詳細画像

《自画像》1632年

《自画像》1634年

《ベルベットのベレー帽の自画像》1634年

放蕩息子の寓話におけるレンブラントとサスキア

レンブラント・ファン・レイン《酒場のレンブラントとサスキア(放蕩息子)》1635年

30代

レンブラント・ファン・レイン《34歳の自画像》1640年

《フラットキャップの自画像》1642年

《帽子と2つのチェーンを身に着けている自画像》1642-1643年

40代

自画像

《自画像》1645-1648年

《大きな自画像》1652年

50代

《小さな自画像》1657年頃

《自画像》1658年

《自画像》1659年頃

《自画像》1660年

《使徒パウロとしての自画像》1661年

《自画像》1665年

60代

レンブラント・ファン・レイン《ゼウクシスとしての自画像》1668年頃

《自画像》1669年

《自画像》1669年