個性的なダンスを踊り続けたモンドリアンを超解説!

こんにちは!

今回は、社交ダンス好きのモンドリアンについてです。

早速見ていきましょう!

ピエト・モンドリアン(1872-1944年)

ピエト・モンドリアン《自画像》1900年

ピエト・モンドリアンはオランダ出身の画家です。

最初は風景を描いていた

オランダのアメルスフォルトで生まれました。

両親は、キリスト教の中でも戒律が厳しいカルヴァン派の教徒で、父親は小学校の校長でした。

ピエト・モンドリアン《運河の近くに牛がいる風景》1890-1895年

幼いとき、風景画家の叔父に連れられて、郊外にスケッチに出かけ、絵を教わりました。

20歳のとき、小学校の図画教師になりました。

画家を志し、アムステルダムの国立美術アカデミーに入学しました。

当初は、オランダの風景を描いていました。

次第に幻想的に…

ピエト・モンドリアン《夕方:赤い木》1908-1910年

36歳のとき、画家ヤン・トーロップに出会い、象徴主義に影響を受けます。

37歳のとき、神秘思想の一派、神智学協会に入会しました。

キュビスム的な作品

39歳のとき、アムステルダムで「現代美術サークル」の展覧会に初出品しました。

ピエト・モンドリアン《灰色の木》1911年

「セザンヌ回顧展」で、キュビスム作品を見て感化され、パリへ行き、キュビスムの研究を始めました。

42歳のとき、一時帰国中に第一次世界大戦が勃発し、パリに戻れなくなりました。

テオ・ファン・ドゥースブルフによるオランダ発の芸術運動「デ・スティル」に加わりました。

「デ・スティル」とは「様式」という意味で、未来への新しい様式を作ろうという運動でした。

面白いアトリエ

モンドリアンは、「新造形主義」という理論を立ち上げ、それに基づいてアトリエを改造しました。

アトリエ内は、色を塗ったボードがあったり、で分けられていて、ボードの位置を変えながら、絵を作り上げていきました。

豆かじゃがいも

ピエト・モンドリアン《菊》1921年以降

47歳のとき、パリに戻りましたが、抽象画はここでも売れず、水彩で描いた花の絵を売って生計を立てていました。

食事は自分で料理し、いつも豆かじゃがいもでした。

友人が訪れると、豆の皿と1杯のワインを出し、友人からは、「ここに来ると巡礼者になった気がする」と言われました。

モンドリアンは自然の緑が嫌いで、アトリエに飾っていた造花を白く塗ったり、カンディンスキーの部屋で、自慢の眺望(ブローニュの森)を見せられたときには、見ないようにしたそう。(笑)

ピエト・モンドリアン《タブローⅠ(絵画Ⅰ)》1921年

54歳のとき、アメリカ人コレクターが抽象画を購入してくれました。

36歳年下の留学生に恋する

56歳のとき、詩人ドップの娘、オランダ人留学生の20歳のリリーに恋をします。

歳の差はなんと36歳!

その後、2人で合うようになり、交際が始まりました。

自然の緑嫌いなモンドリアンも、付き合っている頃は、部屋に鉢植えを飾っていたそう。かわいい。

しかし、2人の交際を知ったドップが激怒、リリーはオランダに連れ帰されてしまいます。

その後2年間文通を続けましたが、ドップの許しを得ることはできませんでした。

その2年間は、アトリエに鉢植えがあったそう。

コンポジション

ピエト・モンドリアン《赤・青・黄のコンポジション》1930年

60歳のとき、アメリカを中心に、作品の評価が上がりました。

アムステルダム美術館で回顧展が開催されました。

社交ダンス好きの変な踊り

この頃から社交ダンスを習い始めました。

ステップは個性的で、音楽やリズムを無視、パートナーになった人は大変だったそう。。

アトリエの作品の前でも踊っていたそうで、周囲はかなり困惑したそう。

ファイル:Piet Mondriaan, 1939-1942 - Composition 10.jpg

ピエト・モンドリアン《コンポジション No.10》1939年

66歳のとき、ロンドンへ移りました。

68歳のとき、第二次世界大戦を避けてニューヨークへ移りました。

ピエト・モンドリアン《ブロードウェイ・ブギウギ》1942-1943年

紙テープを何度も貼り直して、線の位置を決めていたそう。

上の作品は、アメリカで初めて聴いたブギウギに触発されて描かれた作品です。

画面からは、ニューヨークの街の喧騒ネオンの輝きさえ感じ取れるようようだともいわれています。

70歳のとき、初めて個展を開きました。

ピエト・モンドリアン《ヴィクトリー・ブギウギ》1944年

71歳のとき、風邪をこじらせて肺炎で亡くなりました。

まとめ

モンドリアンは、社交ダンス好きの抽象絵画を描いた最初期の画家