モネが一番ほしいと言った絵、ヴァトーの「シテール島への巡礼」ってどんな絵?

こんにちは!

今回は、ヴァトーの《シテール島への巡礼》についてです。

早速見ていきましょう!

《シテール島への巡礼》

アントワーヌ・ヴァトー《シテール島の巡礼》1717年

シテール島

ギリシャの群島のひとつ、シテール島は、愛と美の女神ヴィーナスの出生地と考えられている、愛の聖地です。

この島を訪れたカップルは、愛が成就すると考えられていました。

出発?それとも帰郷?

この作品の最大の論争ポイントは、シテール島へ出発する場面なのか、シテール島から帰る場面なのか、という点です。

このことに関して、ヴァトーは、あえて説明しませんでした。

見る人に委ねたんでしょうね。

個人的には、女性が名残惜しそうに後ろを振り向いていたり、ヴィーナス像があるので、ここがシテール島で、帰るところだと思っています。

ヴィーナス像

ヴィーナスの持ち物であるバラの花、キューピッドの持ち物であるが像の下の方に描かれていることから、この像はヴィーナスだとわかります。

像の前にいる小さな子供はキューピッドです。(持ち物である矢筒を踏んでいるのでそう判断できます)

ヴィーナスはキューピッドの母親です。

恋人たち

拡大した部分には、3つのカップルが描かれています。

服装がみんな違うので、別のカップルとも考えられますが、右から左に物語が流れていくようにも解釈することができます。

男女のカップルが仲良く座っておしゃべりしています。

女性は最初は乗り気では無かったのかもしれません。

でも隣にいる恋のキューピッドが、彼女のドレスを引っ張っていることから、キューピッドの力で2人は仲良くなったのかもしれません。

そして、女性が立とうとするのを男性が手伝って…

女性は名残惜しそうに後ろを振り向き、船に乗り込むために歩いていきます。

モネが欲しがった絵

みなさんは、ルーヴル美術館の中で、1枚もらえるならどの絵が欲しいですか?

モネは、この絵がいいと言っていたんだとか。

ルノワールやロダンも、この絵を大絶賛しています。

第2バージョン

《シテール島の巡礼》1717-1719年

第1バージョンより、すこし賑やかになっています。

にしてもキューピッドがやたらいるな…。