自分も死ぬなら全部始末する?ドラクロワ「サルダナパールの死」を解説!

こんにちは!

今回は、ドラクロワの《サルダナパールの死》を解説します。

早速見ていきましょう!

サルダナパールの死

ウジェーヌ・ドラクロワ《サルダナパールの死》1827年

約4 × 5メートルある超巨大な作品です!

どんな絵?

ドラクロワが29歳のときに、ロマン主義の作品である詩人バイロン作の戯曲『サルダナパール』に基づいて描いた作品です。

アッシリア王サルダナパールの最期の場面を描きました。

解説

サルダナパールは軍の敗北に際し、自分の財産破壊し、愛妾寵馬殺害するよう命じ、自身で火をつけ死ぬことによって、敗北という恥辱を免れようとしました。

 

サルダナパールは、自身の世俗の財産が破壊されるのを無表情・無感情で眺めています。

火をつける前のシーンですが、画面全体に赤が散りばめられているため、を連想させ、燃えているようにも見えます。

 

ベッドの上に倒れている裸の女性は、王の愛妾です。

 

別の愛妾が殺される瞬間を描いています。

 

奴隷が寵馬を引き寄せ、殺そうとしています。

評判

1827年のサロンに出品するも、不評

「派手すぎ!やりすぎ!」というのが主な理由でした。

当時のサロン的には、豊かで鮮明な暖かい色彩と、様々なタッチで描いているのが気に入らなかったのでしょう。

ミニ版も描いていた

ウジェーヌ・ドラクロワ《サルダナパールの死》1844年

こちらは73.71 × 82.47 cmと上の絵の5分の1くらいのサイズです。

大きいサイズの絵を販売する前に、小さいサイズを描いたのではと考えられています。