墓に刻まれた言葉に驚く?プッサンの「アルカディアの牧人たち」を超解説!

こんにちは!

今回は、プッサンの《アルカディアの牧人たち》を解説します。

早速見ていきましょう!

アルカディアの牧人たち

ニコラ・プッサン《アルカディアの牧人たち》1638-39年

真ん中にある石の塊は、お墓です。

お墓の周りで何をしている絵なのかというと…

アルカディアとは?

ギリシャのペロポネソス地方に古代から現代まである地名です。

16世紀初頭のイタリアの詩人サンナザーロによる詩「アルカディア」により、「牧人の楽園」つまり「理想郷」の代名詞として使われるようになりました。

プッサンが影響を受けた画家ティツィアーノもこれを主題に《田園の奏楽》を描いています。

人間ではない?

 

高貴な身なりの女性は、なんと人間ではありません。

時の翁を打ち負かす歴史の擬人像です。

万人に訪れるを示しています。

羊飼い

 

3人の羊飼いが描かれています。

墓碑銘の内容に驚いているようです。

墓碑銘

 

墓にはラテン語で「私はアルカディアにもいる」と刻まれています。

 

手の影に注目すると…

なんと石棺に鎌の形になって映っています。

ギリシャ神話の時の神クロノスの、命を刈り取る大鎌を表しています。

このことから、銘文の「私」「死」を意味し、理想郷にも死があることを意味しています。

それは、中世からの「メメント・モリ(死を思え)」という警句であり教訓です。

ファイル:ニコラ・プッサン-アルカディアエゴのエト(プレミアバージョン).jpg

ニコラ・プッサン《アルカディアの牧人たち》1629-1630年

プッサンは本作以前に、同名の作品を描いており、そのなかには骸骨(画面右上)が描かれていました。

そもそもこの主題に興味を持ったのは、下の作品からの影響でした。

ファイル:Et-in-Arcadia-ego.jpg

グエルチーノ《われアルカディアにもあり》1621-1623年頃

グエルチーノの作品が、この銘文が登場する最初の絵だと考えられています。

これらのように死の象徴である骸骨が一緒に描かれていると、銘文の意味が明白でしたが、プッサンの2作目は骸骨が消えていることから、石棺の中の死者が言葉を語っているようにも見えます。

銘文の「私」を、石棺の中の死者と捉えると、「私もかつてはアルカディアにいた」と訳すことができ、追憶の意味合いが強くなり、ノスタルジックな雰囲気を感じさせます。