「男子は青、女子はピンク」の理由は絵画からきている?

こんにちは!

今回は、「男子は青、女子はピンク」という社会通念を作った絵画を紹介します!

早速見ていきましょう!

青衣の少年

トーマス・ゲインズバラの青い少年

トマス・ゲインズバラ《青衣の少年》1770年

モデルは、裕福な金物商の子、ジョナサン・バトール説と、ゲインズバラの姉の子供、ゲインズバラ・デュポン説がありますが、正確にはわかっていません。

作品のサイズは177.8 × 112.1 cmとほぼ等身大です。

ヴァン・ダイクのオマージュ

アンソニー・ヴァン・ダイク《チャールズ1世の5人の子供》1637年

赤い服の子供が、後のチャールズ2世です。

ポーズや服の質感が似ていますね。

このヴァン・ダイク作品のオマージュなので、《青衣の少年》の服装は、絵が描かれた当時の人が見ると、「昔の服を着た少年」でした。コスプレです。

ピンキー

トーマス・ローレンス《ピンキー》1794年

モデルは、商人の子、サラ・モールトンです。

家族からピンキーという愛称で呼ばれていました。

なんと12歳という若さで亡くなってしまいます…!

この絵はその1年前に描いた作品です。

作品のサイズは、148 x 102.2 cmと、《青衣の少年》より少し小さめです。

2枚の絵の関係

元々は全く関係のない絵だった

2枚の絵は、アメリカの「ハンティントン・ライブラリー」という図書館+美術館になっている場所に所蔵されています。

ちなみにここのは、よく映画の撮影に使われています。定番の庭です。

2枚の絵は、同じ場所に飾られていることもあって、

「同じ画家が描いたんだな〜」とか

「同じ時代に描かれたんだな〜」とか誤解する人が多いそうですが、

別々の画家が描いた、全然関係のない作品です。

絵の中の服装でいうと、《青衣の少年》は昔の服を着ていて、《ピンキー》は当時の流行ファッションを身に付けています。

服装のスタイルでいうと150年以上離れています。(笑)

ハンティントン・ライブラリーで、向かい合って並べたことによって、対として考えられるようになりました。

「男子は青、女子はピンク」の由来?

昔は、男子がピンク、女子が青でした。

もしくは、性別によって色分けしませんでした。

それが変わったのは、1940年代に入ってからです。

この2枚の絵からアイデアを思いついたアメリカのアパレルメーカーが、「男子は青、女子はピンク」というマーケティングをうち、商品は売れ、大成功!

日本のアパレルもマネをして、「男子は青、女子はピンク」という概念が定着しました。

いろんなモノに使われている

この2枚の絵、お皿や複製画、トランプ、陶器で出来た人形など…いろんなモノに使われています。

それだけ需要があって、人気だということです。

アンティークショップに行く機会があれば、是非探してみてください!

映画にも度々登場している

この2枚の絵、アメリカの映画やテレビ番組に、しれっと登場していることが度々あります。

最近だと、映画『ジョーカー』で、ジョーカーの部屋にこの2枚の絵が飾られていました。

ちなみに映画『バットマン』(1989年)でも、ジョーカーが美術館を襲撃する場面で登場しています。こういう遊び心すき!