裸に帽子?クラーナハが描いたハチに刺されたキューピッドの絵に隠された意味とは?

こんにちは!

今回は、クラーナハの《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》を解説します。

早速見ていきましょう!

ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド

ルーカス・クラーナハ《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1526-1527年

女性の裸の絵は禁忌だった時代

当時のヨーロッパでは、女性の裸を描くことはタブーでした。

それなのになぜ、クラーナハのこの絵は許されていたのかというと、実在の人間ではなく、神話の女神を描いているからです。

そう、神話ならOKという謎の抜け道ルールがあったんです。面白いですよね。

どうして神話の絵だとわかるのか

実在の女性の裸を描いてはいけない時代に描かれた「裸の女性」の絵ということから、彼女が神話の世界に登場する女神、または擬人像だということがわかります。

西洋絵画では、人物を特定する持ち物が絵の中に一緒に描かれることがとても多く、何と一緒に描かれているかによって、特定することができます。

この絵では、横にキューピッドがいることから彼女は愛と美の女神ヴィーナスだとわかります。

教訓的な絵

クラーナハは、絵だけだと意図を理解できない人々から文句を言われないようにと思ったのか、わざわざ絵の中にラテン語で、

「キューピッドは蜂の巣から蜜を盗もうとしたが、蜂は針でその指を刺した。束の間の快楽をむさぼろうとしても、快楽は人に苦痛を与え、害をもたらす」

という文章を書き込んでいます。

蜂蜜=「つかの間の愛の喜び」は、蜂の針=「悲しみと痛みで私達を傷つける」という教訓的な意味合いが込められています。

キューピッドのきまぐれによって矢を射抜かれた人の、恋の痛みの強さをこのキューピッドにわからせているというスパルタなヴィーナスが描かれています。(笑)

ヴィーナスの病

ドイツ語では現在でも梅毒のことを「ヴィーナスの病」といいます。

蜂蜜=「性愛の快楽」蜂の針=「病の苦しみ」を表していると解釈することもできます。

この絵のもうひとつの隠れた教訓として、性愛に伴う性病の危険をほのめかしています。

流行のファッション

この絵に限らず、クラーナハは絵の中の人物に当時の流行のファッションを着せて描いています。

なのでこの帽子やアクセサリーも当時人気だったデザインなのでしょう。

ちなみに一緒に描かれている木はリンゴの木です。

その他のバージョン

この絵はとても人気で、クラーナハとその工房によって約20点同じような絵を制作していました。

ルーカス・クラーナハ《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1529年

 

ヘアバンドに「全ては虚栄心」との文字が。

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1530年

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1531年

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1531年

ファイル:LucasCranachd.Ä。 --Venus mit Amor als Honigdieb(Germanisches Nationalmuseum-Gm213).jpg

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1537年

ファイル:LucasCranachd.Ä。 --Venus mit Amor als Honigdieb(Germanisches Nationalmuseum).jpg

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1537年以降

詳細画像

《ヴィーナスと蜂蜜泥棒のキューピッド》1545年