チャールズ1世の超お気に入り画家ヴァン・ダイクが描いた王室絵画を紹介!

こんにちは!

今回は、ヴァン・ダイクが描いたチャールズ1世とその家族の肖像を紹介します。

早速見ていきましょう!

チャールズ1世とヴァン・ダイク

熱烈ラブコール

ヴァン・ダイク33歳のとき、英国王チャールズ1世宮廷画家となり、ナイト爵「サー」の称号200ポンドの年金を手に入れます。

チャールズ1世はイギリスの歴代君主のなかでも特に芸術に興味を示し、美術品を収集した人物でした。

チャールズ1世はヴァン・ダイクのことを大変気に入っており、ロンドン中心部のブラックフライアーズに邸宅兼工房を与えるだけでなく、

王族以外使用禁止だったエルサム宮殿の続き部屋も静養所としてヴァン・ダイクに提供しています。

工房には国王夫妻がよく訪れ、後に国王夫妻専用の道路が敷設されるほどだったそう。

ヴァン・ダイクが存命中にここんなにも厚遇を受けた画家は他に存在しませんでした。

ヴァン・ダイクが描いた王室一族の肖像画

チャールズ1世の肖像画だけで約40点、妻のヘンリエッタの肖像画は約30点描いています。

今回はその中から代表作を紹介します!

ファイル:VanDyck CharlesIおよびHenrietta.JPG

《チャールズ1世とヘンリエッタ・マリア女王の肖像》1632年

《チャールズ1世》1635年

《チャールズ1世の肖像》1632年

《ヘンリエッタ・マリア女王》1632年

《チャールズ1世とヘンリエッタ・マリアと2人の子供たち、チャールズ皇太子とメアリー王女》1632年

《ヘンリエッタ・マリアと小人ジェフリー・ハドソン》1633年

低身長・猫背・出っ歯だった彼女を、原型をとどめないくらい美化して描いています。(笑)

ヘンリエッタはこの絵を見てたいそう喜んだことでしょう。

24歳のヘンリエッタの大のお気に入りの14歳の小人ジェフリーと猿も一緒に描かれています。

当時の王室には、「慰み者」と呼ばれる、白人とは身体的特徴が異なるもの(小人、巨人、超肥満、黒人、異形など…)が集められていました。

小人のジェフリー絵を見てもわかるように、綺麗な服を着ていますよね。

彼らは他の奴隷とは違って、贅沢な暮らしができたそうですが、それは彼らが人間としてではなく、可愛い「ペット」として扱われていたからでした。

後ろにあるオレンジの木は、彼女の両親がメディチ家だということを表しています。(メディチ家の紋章がオレンジを連想させるため)

さらに純潔の象徴でもあるオレンジの木は、彼女の守護聖人である聖母マリアも連想させます。

《馬上のチャールズ1世とサン・アントワープの領主の肖像》1633年

《ヘンリエッタ・マリア女王の肖像》1632-1635年頃

《チャールズ1世の3人の子供たち》1635年

《チャールズ1世の3人の子供たち》1635-1636年

《狩り場のチャールズ1世》1635年頃

ヴァン・ダイクが描いたチャールズ1世の肖像画で一番有名な作品です。

最近買ったダリがデザインしたタロットカードにもこの絵柄が使われていました。(笑)

 

右下の岩の部分にさりげなくラテン語で「英国を統治する王チャールズ1世」と書き込んであります。

《チャールズ1世(1600-1649年)》1635-1636年頃

こういうPVありますよね。笑う。

ベルニーニが彫刻を作る際のモデルとして使用するために、この絵を制作してローマへ送りました。

《ヘンリエッタ・マリア女王》1636-1638年頃

《チャールズ1世》1636年

《イングランド王チャールズ1世の肖像》1635-1640年

《チャールズ1世騎馬像》1637-1638年頃

 

チャールズ1世の耳元をよく見ると、真珠のイヤリングをしています。

右の木にぶら下がっているボードには、ラテン語で「チャールズ1世、イギリス王」と書いてあります。

《チャールズ1世の5人の子どもたち》1637年

左から、メアリー王女、ジェームズ2世、中央の赤い服がチャールズ2世、エリザベス王女、膝の上にいるのはアン王女です。

ジェームズ2世が小さい頃から女装を好んでいたのではなく、当時の幼い子供は女装をして悪魔から身を守ろうとしていました。(男児の方が死亡率が高かったため)

大きなマスティフ犬がいますが、ローマ時代から番犬として活躍し、国家情勢が不安定ななか、子供たちの守護者として描かれています。

ウケが良かった絵を何度も描くことはよくあることで、この構図も超人気で多くのバージョンが制作されました。

なので、日本に有名な絵が来た!かと思ったら、この複製した方だったりすることはよくあります。(2回目や3回目に描いた方が下だとはいいませんがやっぱり…)

作者不詳《チャールズ1世の5人の子どもたち》1637年

上の作品とそっくりですね!

現在、上野で開催中の「KING & QUEEN 展」で来日している作品です。

ちなみにこの絵に関していうと、ヴァン・ダイクが描いたものですらありません!

どこの誰が描いたかわからない複製画です…。それだけこの絵が本当に人気があったってことですね。

《チャールズ2世》1638年頃

《ヘンリエッタ・マリア女王》1638年

3人のチャールズ1世が描かれている絵ありましたよね、そのヘンリエッタバージョンです。

ベルニーニが制作したチャールズ1世の胸像の出来栄えにとても満足し、自分のも作ってもらおうと、ヴァン・ダイクに描かせました。

《ヘンリエッタ・マリア女王》1638年

しかし、この絵たちがローマのベルニーニに送られることはありませんでした。