ポップアートの王様アンディ・ウォーホルを超解説!作品も自分も銃で撃たれた?

こんにちは!

今回は、ポップアートの旗手ウォーホルについてです。

早速見ていきましょう!

アンディ・ウォーホル(1928-1987年)

アンディ・ウォーホル《自画像》1986年

アンディ・ウォーホルは、アメリカの画家、版画家、芸術家です。

本名は、アンドリュー・ウォーホラです。

小さい頃からスター好き

トリプル・エルビス

アンディ・ウォーホル《トリプル・エルビス》1963年

アメリカのピッツバーグで3人兄弟の末っ子として生まれ、両親はチェコ移民でした。

幼い頃から映画が好きで、スターのスクラップブックを作っていました。

大人になってからは、『ティファニーで朝食を』の著者カポーティの大ファンだったウォーホルは、毎日ファンレターを送り、嫌がられていました。(後に仲良くなる)

容姿へのコンプレックス

幼少期にかかった病気の後遺症で顔や体にはアザがあり、白すぎる肌にそのアザがよく目立ち、さらに白っぽい髪色ということもあって、小さい頃からいじめられ、容姿に強いコンプレックスを持っていました。

後に整形手術を受けています。

また、大人になってからは、人前に出る時は、銀髪のカツラをかぶっていました。

人気イラストレーターへ

アンディ・ウォーホル《Àlarecherchedushoes perdu》1955年

17歳のとき、カーネギー工科大学に入学し、絵画とデザインを学びました。

大学では、多くの友人に助けられたそう。

21歳のとき、ニューヨークに行き、イラストデザインを売り込み始めました。

この頃から「ウォーホル」と名乗り始めています。

ボロボロの服をあえて着て、「素朴なアーティスト」を演出しました。

売り込みは成功し、『VOGUE』など有名雑誌に載り、あっという間に売れっ子イラストレーターになりました。

22歳のとき、母親が突然、ニューヨークのウォーホルのところへ引っ越してきました。

以降母親が亡くなるまで20数年一緒に暮らしました。

リキテンシュタインそっくりと言われ…

32歳のとき、『バットマン』『スーパーマン』などコミックシリーズを制作しました。

しかし契約していた大画廊のオーナーのキャステリのギャラリーでリキテンスタインのコミックモチーフの作品を見て、この主題からは手を引きました。

33歳のとき、友人のデ・アントニオから「もっとありふれたものを描いたら?」と言われ、キャンベルの缶詰を描きました。

シルクスクリーン

アンディ・ウォーホル《キャンベルのスープ缶》1962年

34歳のとき、手描きをやめてシルクスクリーンで作品を量産し始めました。

アンディ・ウォーホル《マリリン・モンロー》1967年

ファクトリー

アンディ・ウォーホル《フラワーズ》1964年

35歳のとき、アトリエを「ファクトリー」と名付けました。

このアトリエで生まれるものは無個性な生産品だ、という意味でファクトリー(工場)と呼んでいました。

工場っぽくするため、壁は全面銀色でした。

日中はアシスタントや版画技術者と打ち合わせをし、夜はパーティをハシゴする日々。

夜遅くに家に帰ると、母親が料理を用意して待っていたそう。

テレビを見ながら友人に1日の出来事を電話で話していました。

しかも2台のテレビで同じ番組を見ながら…2倍楽しいんだとか…。

映画制作に力を入れ、多数制作しました。

「ファクトリー」に出入りしていた変わったアーティストたちを、16ミリカメラに収めていました。

キスシーンだけの映画「キス」、6時間眠っている男性を撮り続けた「スリープ」などなど…6年間で150本もの映画を制作しました。

作品が銃で撃たれる

ウォーホルショットマリリン

アンディ・ウォーホル《狙撃されたマリリン》1964年

36歳のとき、ある事件が起こります。

ファクトリーに来たドロシー・ポドバーが「shot(撃ってもいい?)」と尋ねてきたので、絵を撮影したいのだと思いウォーホルは「いいよ」と返事をします。

すると彼女は小さなバッグから小さな拳銃を取り出し《マリリン》の額めがけて突如発砲しました。

5枚重ねて置いてあった絵のうち、4つは弾丸が通過し、それらを《狙撃されたマリリン》として作品にしてしまいました。

自分が撃たれる

40歳のとき、ファクトリーでヴァレリー・ソラナス狙撃され、死にかけます。

ソラナスはファクトリーの常連で、ウォーホルの映画にも出演したことがありました。

3発中2発は外れ、3発目が左肺、脾臓、胃、肝臓を貫通しました。

なんとか一命はとりとめましたが、作品の制作からは遠ざかるようになりました。

雑誌をつくる

Interview magazine: The Crystal Ball of Pop - QAGOMA Blog

アンディ・ウォーホル『インタビュー』1996年4月

41歳のとき、雑誌『インタヴュー』を創刊します。

その名の通り、インタビューのみで構成された雑誌でした。

42歳のとき、大阪万博に出品しました。

有名人のポートレート作りまくる

マイケルジャクソン

アンディ・ウォーホル《マイケル・ジャクソン》1984年

44歳のとき、雑誌社運営のため、大量の肖像画のシルクスクリーンを受注生産しました。

基本的には1点2万5千ドル、6点セットで顧客たちは買っていったそう。

作品は売れに売れ、世界中に名前と作品のイメージが広まりました。

意外な一面

そんなウォーホルでしたが、意外にも毎週ミサに通っていました。

しかし帰りは、近くの蚤の市でたくさん買い物をし、サザビーズのオークションの常連でもありました。

オークションでは、自分の作品の値段を吊り上げるために、オークションに参加していました…。

かと思えば、ホームレスの救済ボランティアに参加したり…。

ピッツバーグで母親が亡くなりました。

意欲的に制作

アンディ・ウォーホル《$ (9)》1982年

53歳のとき、《ドル記号》シリーズを制作しました。

undefined

アンディ・ウォーホル《最後の晩餐》1986年

58歳のとき、《最後の晩餐》シリーズを制作しました。

その後、胆のう手術後、心臓発作で亡くなりました。

医療ミスともいわれています。

ウォーホルの死後、1万点の家具、宝石、食器、靴がオークションにかけられました。

まとめ

・ウォーホルは、ポップアートの王であり、ありふれたものをシルクスクリーンで複写し続けたアーティスト