スーラのグランド・ジャット島は全部点で、変な静けさのある絵

こんにちは!

今回は、スーラ《グランド・ジャット島の日曜日の午後》の解説です!

習作も集めてみました!

早速見ていきましょう〜!

グランド・ジャット島の日曜日の午後

ジョルジュ・スーラ《グランド・ジャット島の日曜日の午後》1884-1886年

パリのセーヌ川に浮かぶグランド・ジャット島が舞台です。

この絵、とても大きくて、約2×3メートルあります!

人が多いのに、変に静けさのある絵で、とても不思議な雰囲気のある作品です。

全部点

全部点!点描の作品です。

はっきり言って、狂気の沙汰

このサイズを点で描くとか気が遠くなる…スーラすごい…

みんなが線で描いていた中、急に点で全部表そうとするスーラは、相当異質で、やばい奴だったんだろうなって思います。(大好き)

なんで全部点で描いたのかというと、を表現するためです。

絵の具を混ぜてしまうと色が濁ってしまうので、光を表現するのには限界がありました。

だけど原色で点を描けば、鑑賞者の脳内で色が混ざるので、明るく、柔らかな色彩を再現することが出来ます。

テレビの技術と通ずるものがあります。

上は、右の傘をさしてサルを連れている女性の顔アップです。すごい点。

離れて見る必要がある

この絵、サイズが大きいので、近くで見ると色が混ざって見えないんですよね〜

全部点。点々の絵にしか見えません。

一定の距離をあけて遠くから見ることで、色が混ざって見えます。

当時この絵を発表して展示した場所はカフェの一室でした。

部屋が狭すぎて、鑑賞者にスーラの意図が伝わらず、「なにこれ?」となり、一部を除いて不評でした。

未来と腐敗

ジョルジュ・スーラ《アニエールの水浴》1884年

前回紹介した《アニエールの水浴》《グランド・ジャット島の日曜日の午後》は対になっています。

川を挟んで右上に見えるのがグランド・ジャット島です。

アニエールの労働者階級の人々に対して、グランド・ジャットで描かれているのはブルジョワ階級です。

アニエールは日に当たっていますが、グランド・ジャットは日陰です。

アニエールは汚れのない未来、グランド・ジャットはブルジョワの腐敗を表しています。

アニエールの方は、確かに健康的で健全な感じしますよね。

では、グランド・ジャットのどんなところがなのか見てみましょう!

 

画面右の女性、なんで犬とかでなくよりによってサル???って思いません??

サルは「欲望」「罪」の象徴です。

なので、この2人は、夫婦ではなく、女性は愛人だとわかります。

ちなみに、当時サルは大変貴重で、飼っていることは一種のステータスでもありました。

 

左で釣りをする女性がいますよね。

女性の釣り「売春」を暗示しています。

実際に当時、グランド・ジャット島は、ブルジョワジーが売春婦と出会う場でもありました。

時が止まってる?!

 

一際目を引く、中央の白い服の女の子。

絵画の中で、この女の子だけが鑑賞者をまっすぐ見つめてきます。

なので目が合います。

そもそも周りの色に比べて「白」なので、そのコントラストからも女の子が目立つようになっています。

女の子を見ていると、画面に吸い込まれるような、そして、周りの時間が止まっているように錯覚します。

大きな影は何の影?

そもそも前景の巨大な影ってなんだろう?って思いません?

こんな巨大な木無さそうだし、門でもなければ、船もないだろうし、パラソル的な…?建物だとしたら影の形変じゃない?

ってずっと考えていましたが、最近、これじゃないかな?っていうものを見つけました。

 

グランド・ジャット島の写真を確認すると、白い建物が!

 

日本語にすると「愛の神殿」と呼ばれる(ヴェルサイユ宮殿のものが有名)この建物の影かな〜で落ち着きました。

これの屋根と柱が影として映っているのかなと。

枠かわいい

 

 

こんな感じで、絵の色に合わせて、色を調節してを描いています。(かわいい)

17枚の習作

《グランド・ジャット島の日曜日の午後》が完成するまでに、スーラは多数の習作を描いています。

今回はその中の一部、17枚を紹介します!

《「ラ・グランド・ジャット」の研究》1884-1885年

ラグランジャットのフィギュアの研究

《「ラ・グランド・ジャット」のフィギュア研究》1884-1885年

《座る人物》1884年

《グランド・ジャットの油絵》1884年

《「グランド・ジャット」の研究》1884-1885年

《「グランド・ジャット」の研究》1884-1885年

《「ラ・グランド・ジャットの日曜日」のための研究》1884年

《「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の油絵》1884年

《釣りをする女性》1884年

《モンキー》1884年

《パラソルを持って歩く女性》1884年

《日傘をさして座る女性》1884-1885年

《木》1884年

《木の幹》1884年

《「ラ・グランド・ジャットの日曜日」のための研究》1884年

《「グランド・ジャット島の日曜日の午後」のための習作》1884-1886年

《水辺にいる女性》1885-1886年

番外編

《モデル》1886-1888年

批評家に「スーラって生命感のある絵描けないんじゃない?」とディスられたことに対する返答を絵にしました。

なので、左側には、その生命感がないと言われた《グランド・ジャット島の日曜日の午後》と、異なるポーズのヌードを描いています。

ちゃんと描けますけどなにか????という絵です。(笑)